家購入年収

我が家の年収で家は買えるのか!?

まず家を購入するには、資金が必要ですね。
資金もなく衝動買いで家を買ったりするのは無謀以外のなにものでもありません。

身の丈にあった家を購入することが“大切”です。

ではどの程度の家なら買えるのか!?
将来年収が必ずアップする、とか希望的な観測は極力排除して、自分の収入、家計のやりくりなどを踏まえて家を購入することが必要です。

英語を教えたい!まずは資料請求!!ECCジュニア講師

ライザップファンサイト ライザップ

ライザップが監修した新しい美顔器!エステナードリフティが誕生!

あなたの年収で買える家の相場

まずは一般的な家を購入する場合の資金について、お話します。

自己資金は、購入代金の20%

可能ならば、諸費用を併せて30%以上あれば、希望の物件が買えるでしょう。

いくらまでの物件が買えるのかは、年収と自己資金で変わってきます。

目安として、年収に占めるローンの返済額を25%、自己資金を物件価格の20%、返済期間35年とした場合

夫婦で年収600万円で頭金を2割とすれば、4000万円の家が月々11万7857円で買うことが可能です。

家購入価格と予算の目安

家購入年収

【物件価格】
諸費用+家の価格(家の価格の110%)



【予算】
自己資金(諸費用+頭金)+借入金

つまり物件価格は、諸費用と家の価格から構成されており、 この諸費用と頭金を自己資本として、残りが借入金となります。

このバランスは、諸費用1割、頭金2割、借入金8割を目安にするといいでしょう。

エイジングケアしませんか?トワエッセ

サラリーマンが家を買うには

上の例から計算してみると、簡単に家購入に掛かる金額が計算できます。

例えば、
3,000万円の物件であれば、
所要資金300万円、頭金600万円、借入金3,100万円となります。
つまり、手持ちには、900万円のお金が必要となるのです。

仮に4,000万円の物件であれば、
所要資金400万円、頭金800万円、借入金2,800万円となります。
つまり、手持ちには、1,200万円のお金が必要となるのです。

このまず家を購入するのに必要な頭金と諸費用分のお金をどうするか? これが出来ていないと、身の丈にあった家を購入するのはNGと言えるでしょう。

家購入価格と年収と毎月返済額一覧表

あなたの年収と頭金(自己資金)を計算してみて下さい。
そこからあなたが欲しい家の購入価格を見ると、毎月の返済額が出ます。
現在の家賃と比べてみて、無理のない金額を目安にするのがいいでしょう。

家購入価格を格安にするための押さえておきたいポイント

今、巷で話題になっている「エコ住宅」 ・・・これは是非知っておいて欲しい言葉です。

エコ住宅には知らないと損する政策や補助金、減税措置などがあります。

これから家を購入したいと考えている方にとっては朗報だと言えるでしょう。
一生に一度の大きな買い物、少しでも安く買いたいものですね。

太陽光発電システム補助制度
認定長期優良住宅
省エネの三大要素
住まいの高断熱化と高気密化
省エネ、創エネ機器の設置
太陽光発電の補助金と余剰電力買取制度
住む人の省エネ意識

このページの先頭へ